メギド部!

メギド72の仲間と勝算を探すブログ

ルゥルゥEX大安定攻略法 シトリーがいる人向け

f:id:TaoriHiromu:20191015230335j:plain

僕がメギドを初めてしばらくたったころ、度肝を抜かれ、そしてものすごくワクワクした敵、それがルゥルゥでした。何しろ書いてあることが全部ヤバイ。一切のダメージ無効。覚醒スキルで点穴100。雑魚のスキルでフォトンが全て吹っ飛ぶ。奥義で全体強化解除の上10倍ダメージ。ぱっと見、「自分は無敵、お前は死ぬ」みたいなことしか書いてないんですよね。嘘だろ、倒せんのか、と思いつつ、丁寧に分析して、対策を重ねると、いつしか簡単に倒せるようになってしまうのがメギドというゲームの面白いところです。

 

その複雑なギミックを解き明かして攻略していくのは大変に面白いわけですが、一方で、中級者を絶望の淵に落とす大幻獣でもあります。実は、これを書いている今日、Twitterの #助けてソロモン王 というタグで、2人ほど、ルゥルゥ攻略に困っていた人にアドバイスをしました。倒せる戦力が揃っていても、プレイングが難しく、安定させるのに苦労するのもまた、ルゥルゥ戦です。

 

というわけで、そのルゥルゥ、しかもEXをかなり安定して戦えるパーティーとプレイングについて紹介したいと思います。フォトンが余程酷く偏らなければ、3ターン1巡目に倒せますし、毎回同じプレイングで撃破できます。ただ、誰でも出来る攻略ではなく、今回はシトリーが必須です。シトリーがいればそもそもルゥルゥは攻略しやすいですし、上級者の方はシトリーさえいれば簡単と思う人もいるかもしれません。じゃあ誰でもすぐ最適化したパーティーが組めるかというと、人によっては難しいと感じる人もいますよね。そこで、簡単に、より確実に倒すために、どんな戦い方をすればいいか、これをご紹介する記事だとご理解ください。

 

また、捕獲ではなく、討伐を目的とした攻略で、ルゥルゥを撃破するところまでのプレイングをご紹介します。あらかじめご了承ください。

 

その他、必須ではないんですが、この2柱がいるとより安定するメギドとして、ブニ、そしてフォラスもいます。まずは、シトリー、フォラス、ブニが揃った最も安定する戦略をご紹介して、その後、ブニやフォラスがいない場合のパーティーについてもご提案したいと思います。いずれも、3ターン1巡目には撃破可能です。

 

ちなみにこの攻略法は、僕の運営するメギドコミュニティ、メギド部でルゥルゥが攻略できない、という人がいた時に、みんなでアドバイスを考えている中で生まれたものです。

 

ルゥルゥの特徴から説明していきますが、もう把握しているよ、という人は、御品書きを置いておきますので、パーティー編成に飛んでいただければと思います。

 

また、シトリーがいないけどなぜかこの記事を読んでしまっているあなた! あなたにはシトリーもインプもいない人向け攻略を置いておきますので、よろしければこちらをご覧ください。

www.megido72club.com

ルゥルゥの特徴

f:id:TaoriHiromu:20191015232345j:plain

ルゥルゥはまず、殻が閉じた状態で登場します。このままだと、一部の例外を除いて、基本的にダメージを受けません。覚醒スキルで自身に点穴100。奥義で、敵全体の強化を解除し、攻撃力10倍ダメージ。この状態で覚醒されると、次の一手で大体殺されます。この殻をこじ開けるのが攻略の第1歩。雷属性ダメージを5回あてると、シフトし、殻が開きます。

f:id:TaoriHiromu:20191015232354j:plain

殻が開くと、特性が変わり、雷ダメージが50%上昇します。この状態のルゥルゥに強力な雷攻撃を当てて倒す、というのが基本の倒し方です。殻が開いたルゥルゥが奥義を撃つと、全体攻撃をしたのち、シフトして殻が閉じた状態に戻ります。

f:id:TaoriHiromu:20191015232400j:plain

そして、ルゥルゥ戦で恐ろしく厄介なのが、取り巻きの雑魚、侍女マリーナ。スキルに書いてあることがメチャクチャです。全体攻撃し、敵の全フォトンを破壊、さらに味方後列、つまりルゥルゥがくらうアタックフォトンによるダメージを7割軽減。何考えてんだって感じですね。

 

敵の全フォトン破壊。これによって、侍女マリーナがスキルを1巡目でとると、2巡目以降のフォトンは全部破壊されることになります。ちなみに、マリーナの素早さは1なので、こちらは1巡目だけは確実に行動できることになります。

 

その他、奥義で後列、つまりルゥルゥの点穴を100しますし、覚醒スキルでルゥルゥの状態異常を治癒し、体力を50%回復します。

 

ルゥルゥに雷ダメージを与えつつ、アタッカーの覚醒ゲージをためつつ、殻が開いたら奥義を放ちたいんですが、毎ターンフォトンが全部ふっとばされて思うように運ばず、せっかく奥義を撃とうとしたらアタックフォトンダメージ軽減で倒せず、マリーナの覚醒スキルで回復され、点穴で壁役が崩され、もたもたしていると殻が閉じている状態で奥義を喰らって全滅。

 

これらに全部対処するべく、雷ダメージの方法を複数用意し、覚醒補助役をつけ、点穴の為の無敵バリア、ルゥルゥを倒すアタッカー、盾役、回復役…とやっていくと、結局全部を上手くは回せず負けてしまう、というのがよくある攻略ができなくなるパターンです。

 

はい、これを必要最小限の手数で粉砕する攻略パーティーをご紹介します。

ルゥルゥ大安定攻略完全版 編成

f:id:TaoriHiromu:20191015231823p:plain

パーティーはこちら。基本の考え方として、ルゥルゥの点穴には対処しません。点穴を撃たせにくいプレイングをして、点穴が来る前に倒し、万が一点穴がきても、盾役が1人やられて、ルゥルゥは倒し切ります。それから、回復をしません。回復が必要ない早さでルゥルゥを倒します。アイムとオリアスは、バーストメギドでシトリーより早く動ければ誰でも良いです。

 

  • シトリー 星6レベル70が前提です。大幻獣オーブ「ケラヴノス」レベル2以上、もしくは、SRオーブ「サウザンドアイ」レベル5以上を装備します。どちらも海洋生物特攻で、ルゥルゥに与えるダメージを増やします。
  • ブニ 盾役兼、リーダー。マスエフェクトで、シトリーの素早さを20%高めて、ルゥルゥよりも素早く動けるようにします。イベント「魔獅子と聖女と吸血鬼」で入手できるオーブ「ヒュブリーデ」か、SRオーブ「ゴルゴン」を装備します。どちらも列覚醒オーブです。
  • フォラス 単体を4覚醒するRオーブ「帯電獣」を装備します。無ければ、単体にチャージを付与する「水獣ソーサラー」でもいいんですが、ちょっと使い方がテクニカルになります。これは、フォラスがいない人向けパーティーで説明します。
  • バーストメギド1 ブニのマスエフェクト込みのシトリーより素早く動ければ誰でもいいです。敵の強化を解除するイービルアイを装備します。
  • バーストメギド2 ブニのマスエフェクト込みのシトリーより素早く動ければ誰でもいいです。敵に滞水を付与できる、大幻獣オーブ「ガオケレナ」や、Rオーブ「しらぬい」を装備します。イベント「二つの魂を宿した少年」で手に入るオーブ「青竜号」を持っている場合は、カウンターメギドと青竜号の組み合わせでも良いです。

さあ、これで、実際にルゥルゥを倒しますよー!

 

ルゥルゥ大安定攻略完全版 プレイング

1ターン目にシトリーがスキルをルゥルゥに撃つと、3連撃+地形ダメージ2回の雷ダメージ合計5回で、2ターン目の終わりにルゥルゥの殻が開きます。そこで、3ターン目の頭に、マリーナによるダメージ軽減を解除し、滞水を付与し、シトリーの奥義を入れて1撃で倒す、というのが、このプランです。

 

やることをターンごとに書いていきます。すごく少ないですよー。ターゲットはルゥルゥとシトリーに固定してください。

 

1ターン目

  • シトリー:スキル(必須)
  • ブニ:スキル(できれば)

 

2ターン目

  • ブニ:ヒュブリーデ(もしくはゴルゴン)

 

3ターン目

  • シトリー:アタック
  • フォラス:帯電獣
  • バースト1:イービルアイ
  • バースト2:しらぬい(もしくはガレオケナ等)

 

ルゥルゥ撃破!

 

これだけです。

 

必須のフォトンは、

1ターン目 シトリー:スキル

3ターン目 シトリー:アタック

 

できれば欲しいフォトンとして

1ターン目 ブニ:スキル

 

他は全てオーブです。

 

というわけで、実際に戦ってきましたので、動画でご覧ください。ルゥルゥを撃破するところまでの動画です。分かりやすいように、上記で説明したフォトン以外は、右側2人のバーストメギドに捨ててプレイしています。


ルゥルゥEX大安定攻略法 シトリーがいる人向け

分からないうちは本当に、メチャメチャ難解なんですが、こうやって整理すると、実にあっさり撃破することが可能です。プレイングのコツとして、必要なフォトン以外は、なるべくチャージやアタックを優先してとって、敵を覚醒させないようにすると、なお、安定します。

 

さあ、次は、ブニがいない場合、それから、ブニもフォラスもいない場合をご説明します。

 

ルゥルゥ大安定攻略 ブニ無し版

f:id:TaoriHiromu:20191016003112p:plain
まず、ブニがいない場合。これはわりと話は簡単です。必要フォトンが1つ増えるだけで事足ります。ブニがいないとなるとマスエフェクトの素早さ20%が無くなり、シトリーがルゥルゥより遅くなります。それでも3ターン目に1度ルゥルゥの行動が増えるだけなので、大きな問題ではないんですが、Rオーブの「火殻竜」を装備することで、シトリーがルゥルゥよりも素早く動けるようにし、ルゥルゥの行動回数をブニがいる時と同じようにできます。

 

ただし、火殻竜を装備してケラヴノスなどの海洋生物特攻オーブを外すと、今度は火力が足らず、1撃で仕留められない場合がでてきます。そこで、フォラスがシトリーにスキルでアタック強化をつけると、ルゥルゥに先行されることもなく、火力も十分足りて、1撃で倒せます。

 

行動を書くと

 

1ターン目

  • シトリー:スキル(必須)
  • ガープ:スキル(できれば)

 

2ターン目

  • ガープ:ヒュブリーデ(もしくはゴルゴン)
  • フォラス:スキル

 

3ターン目

  • シトリー:アタック
  • フォラス:帯電獣
  • バースト1:イービルアイ
  • バースト2:しらぬい(もしくはガレオケナ等)

 

ルゥルゥ撃破!

 

必須のフォトンは、

1ターン目 シトリー:スキル

2ターン目 フォラス:スキル

3ターン目 シトリー:アタック

 

できれば欲しいフォトンとして

1ターン目 ガープ:スキル

 

ということになります。

 

ルゥルゥ大安定攻略 ブニフォラス無し版

f:id:TaoriHiromu:20191016003325p:plain

最後は、フォラスもブニもいない人向けです。フォラスの位置はバーストであれば誰でも良い、ということになって、編成難易度は非常に緩くなります。シトリーがいれば大体できますね。ただし、やはりフォラスもブニも抜けた分、安定性は若干下がります。どのくらい下がるか具体的に言うと、ルゥルゥの行動1回分です。要は、シトリーがルゥルゥよりも素早さが遅いことをマスエフェクトでもオーブでもカバーできない為、3ターン目の頭に、ルゥルゥに1回行動を許す、というのがフォラスとブニがいない版で増えるリスクです。

 

オーブは、完全版とほとんど同じで、シトリーも火殻竜ではなく、ケラヴノスやサウザンドアイなどの海洋特攻を装備しますが、フォラスの枠に入ったバーストメギドが、帯電獣ではなく、水獣ソーサラーを装備します。画像では分かりにくいですねw 一応ちゃんと、水獣ソーサラーに変えてあるんですよ。

 

水獣ソーサラーはちょっとだけ使い方にコツがいります。これまでと同じように行動を1ターンずつ記載して、整理していきましょう。

 

 

1ターン目

  • シトリー:スキル(必須)
  • ガープ:スキル(できれば)

 

2ターン目

  • シトリー:チャージ
  • ガープ:ヒュブリーデ(もしくはゴルゴン)
  • バースト自由枠:何か1つフォトンを積んだ後、2個目に水獣ソーサラー

 

3ターン目

  • シトリー:アタック
  • バースト1:イービルアイ
  • バースト2:しらぬい(もしくはガレオケナ等)

 

ルゥルゥ撃破!

 

必須のフォトンは、

1ターン目 シトリー:スキル

2ターン目 シトリー:チャージ

3ターン目 シトリー:アタック

 

できれば欲しいフォトンとして

1ターン目 ガープ:スキル

 

ということになります。ポイントは、2ターン目の水獣ソーサラーの使い方ですね。2個目にオーブを配置するのがポイントです。1個目でシトリーに使ってしまうと、マリーナのスキルが来れば破壊されてしまいます。しかし、2個目に置くことで、マリーナのスキルをやりすごすことが可能です。

 

それでは、最後に実際に戦っている様子をご覧に入れて、終わりにしたいと思います。今回も分かりやすくプレイする為、要らないフォトンは、右側の2人にどんどん捨てて行きます。

 

百雷となって、敵を穿て!


ルゥルゥEX大安定攻略法 シトリーがいる人向け フォラスブニ無し版

いかがだったでしょうか。水獣ソーサラーで付与したチャージフォトンが、マリーナのスキルをかいくぐって、ちゃんとシトリーに使われたのが確認できましたでしょうか。1巡目に水獣ソーサラーを使ってしまうと、シトリーにチャージが2個積まれてしまって、1個使った後、マリーナのスキルでもう1個が破壊されてしまうんですね。2巡目に水獣ソーサラーを使うことで、マリーナのスキルがきても、1ターンに2つのフォトンを使うことが可能になります。

 

ルゥルゥは素材だけでなく、オーブも是非欲しいですから、周回する人も多いと思います。ぜひ、参考にしていただきまして、オーブを手に入れ、ベリアルで点穴を楽しんでください。ベリアルの固定砲台はめっちゃ気持ちいいですよー! それではっ!